視力を回復させるレーザー治療と安全性


視力を回復させるレーザー治療と安全性トップ >  レーシックは本当に安全性が高いのか
promo-short
promo-long
promo-first-time

レーシックは本当に安全性が高いのか

痛みもなく、短時間で視力を回復する事が出来る「レーシック」は、失明する危険性が少ない安全な手術方法だと言われていますよね。

とは言っても、眼の手術となれば怖さを感じる方もいらっしゃるでしょう。

レーシックでは麻酔点眼薬を使うので痛みも無く、絶対に失明しないと言われていますが、手術前に緊張してしまい、気分が悪くなる方もいらっしゃるそうです。

手術を受ける前には、シッカリと正しい知識を身に付けて、不安を無くすようにしましょう(*^_^*)

アメリカでは、日本よりも前にレーシックは一般的になっていましたが、色々な機関からその安全性も認められています。

もちろん日本でも2000年に、厚生労働省から認可されている手術です。

レーシックの安全性が高い理由の一つに、コンピューター制御をしてレーザー手術を行っています。

もし手術中に患者さんが動いてしまった場合、レーザーの照射が中止されるようになっています。

一般的に使われているのは「エキシマレーザー」と言いますが、1ミリの1000分の1という単位で制御されているので、直接医師が手術をするよりも安全性が高くなっています。

照射が正確に行えるようになっている訳です。

眼へのレーザー照射は、コンピューターで制御されている機械が行うので、医師の技術が必要ないように感じるかもしれません。

ですが、合併症や後遺症の事を考えると、レーシックの症例数が多い医師や病院で行った方が安心です。

医師によって感染症や術後の後遺症への安全性も変わってくるので、出来るだけ慎重に選ぶようにしましょう。

また、レーシックを受ける前胃には事前に検査を受ける必要があります。

検査を受けてからフラップの厚みや、照射時間等が決まりますよ。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 視力を回復させるレーザー治療と安全性 All Rights Reserved.