視力を回復させるレーザー治療と安全性


視力を回復させるレーザー治療と安全性トップ >  眼のレーザー治療と言っても色々なタイプがあります。
promo-short
promo-long
promo-first-time

眼のレーザー治療と言っても色々なタイプがあります。

眼のレーザー治療と言えば、「レーシック」を思い浮かべると思いますが、手術の方法や機械の違いから、色々な種類があるのをご存知でしょうか?

一般的に良く耳にするレーシックとは、「ケラトームレーシック」の事を言います。

基本的な方法なのですが、今最も多く行われているのは「イントラレーシック」です。

「ケラトームレーシック」の場合、執刀する医師の技術がとても重要になります。

その事で問題点も多く、コンピューター制御されている「イントラレーシック」の方が安全性が高いため、こちらの受ける方が増えました。

眼に問題が無い方は、イントラレーシックをすすめられる事が多いのですが、更に精度を上げた方法もあります。

それは「ウェーブフロントレーシック」です。

「ウェーブフロントレーシック」は、ウェーブフロントアナライザーと言う機械を使います。

今まで把握する事が難しかった眼球の細かい情報を登録する事が出来るので、後遺症も少なく不正乱視の手術も出来るようになった最新のレーザー治療です。

ですが、ウェーブフロントレーシックを受けれるクリニックはまだ少ないのが現状ですが、眼の治療を最新の技術で受けたい方や乱視が強すぎるという方にはおすすめですよ(*^_^*)

この他にも、格闘家の方や角膜が薄く、一般的なレーシックを受ける事が出来ない方には、フラップの厚さが通常の半分で済む「PRK」や「エピレーシック」等があります。

どのレーザー治療にするかは、日常生活や事前検査の結果、仕事によって決まりますし、それぞれにメリットやデメリットもあります。

キチンと納得が出来るまで、医師と良く相談するようにしましょう。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 視力を回復させるレーザー治療と安全性 All Rights Reserved.