視力を回復させるレーザー治療と安全性


視力を回復させるレーザー治療と安全性トップ >  安全性についてよく聞かれる質問
promo-short
promo-long
promo-first-time

安全性についてよく聞かれる質問

視力回復手術のレーシックを希望される方も多いですが、安全面での不安も沢山あるので、心配する声や色々な質問をよく耳にします。

中でも特に多いのが、「失明する可能性はあるのか、ないのか」という事ですね。

失明の報告は、今まで一度もありません。つまり、レーザー照射の手術で失明するという事はないという事ですね。

この他にも、「手術中に痛みはどれくらいあるのか」という質問も多いです。

レーシックでは、麻酔点眼薬を使用するので、手術中に痛みを感じる事はありません。

ですが、麻酔が切れてから数時間程は、眼が染みる方もいらっしゃいます。

眼の手術という事もあり、「レーザーを照射している時に動いたり、瞬きをしても大丈夫なのか」と言った、安全面を気にされる方も沢山いらっしゃいますね。

多少眼や頭を動かしたりするのは、レーザー照射に問題ありません。

大きく動いてしまった場合でも、コンピューターが自動で中止するようになっています。

また、瞬きも出来ないように固定されているので、心配する必要はないでしょう。

質問の中には、「手術後直ぐにフラップがずれる事はあるのか?」という事を気にされる方もいらっしゃいますが、医師の指示に従って、眼を保護するメガネを使い、眼に強い衝撃を与えなようにすれば、フラップがずれる事はありません。

中には、角膜に傷が残るのかと不安に感じる方もいらっしゃいますが、キズはとても細かいものになるので、肉眼では確認する事は出来ません。

安全性で「レーシックの手術後、何十年先になってから問題が起こる可能性はあるのか」と、心配する方もいらっしゃいますが、その可能性はとても低いです。

安心して受ける事が出来る手術ですよ(*^_^*)

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 視力を回復させるレーザー治療と安全性 All Rights Reserved.