視力を回復させるレーザー治療と安全性


視力を回復させるレーザー治療と安全性トップ >  レーシックの後遺症の体験談も知っておこう
promo-short
promo-long
promo-first-time

レーシックの後遺症の体験談も知っておこう

レーシックの体験談では、「もっと早く受ければ良かった」「視力が良くなったので嬉しい」「日常生活が快適になった」等を良く耳にします。

このような体験談のように手術が成功し、1.0以上の視力を手にして快適な生活を送っている方は沢山いらっしゃいます。

ですが、中には重い後遺症に悩まされている方が居るのも事実です。

「費用が安かったから」「芸能人も受けてるから」と言った安易な気持ちで手術を受けないように、どんな後遺症があって、重くなってしまった場合、日常生活にどんな支障があるのか...という体験談も知っておく必要があります。

後遺症で多くあるのは「ドライアイ」です。

これは重症化してしまうと、日常生活に支障をきたしてしまいますので、注意しなくてはいけません。

例えば、「手術後はドライアイが良くなると聞いていたのに、症状が悪化した」「ドライアイの為に眼を開ける事が出来ず、普段の生活は勿論仕事をするのも困難になってしまい退職した」と言うような話も聞きます。

また、「クレア現象やハロ現象の事は知っていたけど、症状が余りにも酷くて車の運転が怖くなった」「光がとても眩しく感じで、サングラスを使わないと眼を開ける事が出来ない」等の後遺症が、手術後半年を過ぎても治らないという方も沢山いらっしゃいます。

そして「価格だけで病院を選んでしまって、後遺症に悩まされるようになった」「良い事しか聞かなかったので視力が上がるのを楽しみにしていた。

なのに後遺症に悩まされ事になり後悔している」等のように、キチンと自分で調べないでレーシックを受けてしまい、後悔している方もいらっしゃいます。

確かにレーシックが成功して「嬉しい!!」という体験談も参考になりますが、中には辛い思いをしている方もいるという事を理解するのが、レーシックを受ける上で大切になってきますよ(*^_^*)

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 視力を回復させるレーザー治療と安全性 All Rights Reserved.