視力を回復させるレーザー治療と安全性


視力を回復させるレーザー治療と安全性トップ >  レーシックの失敗と後遺症の違いについて
promo-short
promo-long
promo-first-time

レーシックの失敗と後遺症の違いについて

大切な『眼』を手術するとなると、「失明する可能性は?」「もし失敗したら...」など気になるのは当然です。

ですが、後遺症が出てしまったからと言って、必ずしも失敗したとは限らないんです。

まずレーシックは、角膜をレーザーで削ってフラップと呼ばれる蓋をする方法です。

そのフラップが完治するまで、後遺症が色々と出る事があります。

後遺症もある程度は仕方ない事があり、医師から処方される点眼薬をキチンと使ってれば、ほとんどの場合で自然と気にならなくなるそうです。

後遺症の中でも光がぼやけて見えたり、ドライアイなどが出る方は多いですが、このような症状が出ていても、視力が1.0以上ある場合は、手術が失敗したとは感じないでしょう。

手術を受けた方の95%の方が、1.0以上の視力を手に入れています。

ある程度私欲が安定するまでには、多少なりとも後遺症は出てしまいます。

なので、ある程度の後遺症は失敗とは思わず、傷が治るまでの期間だけに現れるものだと考えた方がいいですね(*^_^*)

とは言っても、普段の生活に支障が出てしまうような後遺症が出る方もいらっしゃいます。

医師や病院の経験不足が原因の事があり、処方された点眼薬を使っていたのに、重い感染症に悩まされている方は、病院の衛生面の問題が考えられます。

「視力が安定せず、感染症が感知するにも時間がかかってしまった」と言う症例もあるので、このような場合は『失敗』と言ってよいでしょう。

先程「95%の人が1.0以上の視力を手に入れた」とお話しましたが、その残りの5%の方は視力が上がらなかった、と言う事になります。

後遺症が軽く、手術後の経過も順調なのに、視力が1.0以上にならないような場合、再手術を行う事も出来ます。

ただそれに伴ってリスクもあるので、医師とよく相談して受けるかどうか決めるようにしましょう。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 視力を回復させるレーザー治療と安全性 All Rights Reserved.