視力を回復させるレーザー治療と安全性


視力を回復させるレーザー治療と安全性トップ >  重い後遺症をレーシックで起こさない為に気を付ける事とは
promo-short
promo-long
promo-first-time

重い後遺症をレーシックで起こさない為に気を付ける事とは

少し前までは、「レーシックを体験した方が近くに居なくて、話しを色々と聞く事が出来なかった」という事が多かったですが、最近は手術を受ける方が増えた事もあり、周りにレーシックを体験された方も多いのではないでしょうか。

視力回復の手術を受けた方の話を聞いたら、後遺症もみんな軽くすんで日常生活を快適に送っている事が分かったからと言って、自分も必ず快適な生活を手に入れる事が出来るという事は無いと考えておいた方が良いですね。

確かにレーシックを行った人には、何かしらある程度の後遺症が出るのは仕方のない事です。

もちろん、ほとんどの場合で手術後半年もすれば気にならなくなります。

ただ、中には一生後遺症で苦しむというような方もいらっしゃいます。

自分の周りにいる人がレーシックを受けて成功したからと言って、安易な気持ちでレーシックを受ける事はせず、リスク等をしっかりと理解して、信頼出来る医師の所で行うようにして下さい。

さて、レーシックの後遺症の中には「不正乱視」という症状があります。

これは、焦点が合わずに物が見えにくくなるという事ですが、手術後に起こる仕方無い後遺症ではなく、医師の技術の問題が大きく関係しています。

つまり、病院選びをシッカリとする事が重要になる訳です。


安心出来る病院の場合、手術前に行う検査項目が多いです。

また、コンタクトレンズを使用している方には、レーシックを受ける1週間程前から使うのを禁止するような処置をとっています。

ですが、「出来れば安くて簡単に済む方が便利だし、何回も病院に通うのは面倒」と考えている方もいらっしゃるでしょう。

現に、簡単な検査だけで、その日に手術をするような病院もあります。

そのような病院で手術を受けた場合、取り返しのつかない後遺症に悩まされる可能性があります。

病院を選ぶ時は、その可能性も十分に考えて選ぶようにしましょう。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 視力を回復させるレーザー治療と安全性 All Rights Reserved.