視力を回復させるレーザー治療と安全性


視力を回復させるレーザー治療と安全性トップ >  レーシックで起こりうる様々な後遺症について
promo-short
promo-long
promo-first-time

レーシックで起こりうる様々な後遺症について

レーシックの視力回復の手術後に起こる後遺症には、グレア現象やハロ現象、ドライアイが有名ですよね。

もちろん、この他にも色々と症状があります。

ただ、角膜の治療になるので「失明」と言う事が考えられますが、今現在までに報告はされていないので、心配する必要はありません。

ですが、起こるかもしれない可能性がある後遺症について、シッカリと理解しておきましょう。

レーシックは視力を上げる為に行いますが、中には矯正をし過ぎてしまい「過矯正」になる方もいらっしゃいます。

「回りが良く見えるんだからいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、見え過ぎるとクラクラしてしまいます。

また「遠くは良く見えるようになったけど、近くの物にピントが合わない」というような後遺症が出てきます。

過矯正の場合、手術前の検査不足や医師の経験不足等によって起こります。

キチンとした検査で、信頼出来る医師を探す事が、過矯正の予防策になります。

レーシックを受けた方の中には、手術当日に眼に異物感があるという後遺症が出る場合があります。

ですが、翌日になれば気にならなくなるので、特に心配する必要はないでしょう。

「結膜下出血」という後遺症ですが、白目部分の毛細血管が傷つく事で、出血をして赤くなる現象の事で、大体2週間程度で自然に完治しますね。

「上皮迷入」は、フラップの下に上皮細胞が入ってしまう合併症です。

これは再手術等で治療をする必要があります。

「上皮欠損」は、角膜の表面の上皮が一部欠けて無くなってしまう事です。

医療用のコンタクトを使ったり、点眼薬を使って治療する事で治していきます。

後遺症の多くは治療をしたり自然完治で治りますが、レーシック手術の経験やしっかりとした検査項目、手術質が清潔かどうかを確認してから、レーシックを受けるようにしましょう(*^_^*)

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 視力を回復させるレーザー治療と安全性 All Rights Reserved.