視力を回復させるレーザー治療と安全性


視力を回復させるレーザー治療と安全性トップ >  レーシックの手術後に現れる事がある後遺症
promo-short
promo-long
promo-first-time

レーシックの手術後に現れる事がある後遺症

レーシックを受けた後に起こる後遺症として良く耳にするのは「ドライアイ」でしょうか。

確かに一番多く見られる症状です。

このドライアイとは、涙の分泌が少なくなり、常に角膜が乾燥している状態の事です。

眼がしみたり眩しさを感じる感覚に襲われ、眼を開けるのも難しくなります。

もちろん、後遺症にも度合があるので、レーザーで切断された面が元に戻るまで、少なからずドライアイにはなります。

ほとんどの方で、処方された目薬で問題もなく完治するそうです。

でも中には、一生ドライアイの症状に悩まされるような後遺症が残る事もあり、眼科へ通院しなくてはいけない場合もあります。

この他にも、後遺症として現れる物に「グレア現象」や「ハロ現象」があります。

光が眩しくて眼を開ける事が出来なかったり、夜間光がぼやけて見えるような症状が出ますね。

どちらの場合も光の屈折が原因になりますが、完全にフラップが密着すれば完治する症状です。

ほとんどの方で自然と気にならなくなるでしょう。

ただ注意しなくてはいけないのが、「車を運転する」方です。

特に夜間の場合は対向車のライトが眩しく、ぼやけて見えてしまいます。

症状が気にならなくなるまで運転を控えるか、普段以上に注意する必要がありますね。

もし仕事で車を運転される方は、レーシックの適応検査の時に瞳孔が開く大きさの検査が出来るので、どのくらいクレア現象やハロ現象の後遺症が出てしまうのかが分かります。

検査の時、医師に確認しておくと安心です。

また、レーシックによって暗い場所で目が見えにくくなったり、光の屈折調整が上手く行かなくなり、焦点が合わなくなる不正乱視等の後遺症が現れる方もいらっしゃるそうですが、手術後半年もすれば落ち着く場合がほとんどですよ(*^_^*)

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 視力を回復させるレーザー治療と安全性 All Rights Reserved.