視力を回復させるレーザー治療と安全性


視力を回復させるレーザー治療と安全性トップ >  レーシックとコンタクトレンズの安全性について
promo-short
promo-long
promo-first-time

レーシックとコンタクトレンズの安全性について

コンタクトレンズやメガネは、視力矯正の一つですよね。

最近話題のレーシックの感染症や後遺症の事を考えると、手術を受ける必要はないと考えている方も多いです。

特に私達日本人は、視力が悪い人がとても多いです。

コンタクトレンズは安全性も高いといわれていてるので、使っている方も多く、1千万人を超えています。

種類も豊富で、1週間や1日で使い捨てるタイプのコンタクトレンズがあり、とても人気です。

ですが、正しい使い方をしないと、色々な障害が起こる可能性もあります。

中には、レーシックで起こる可能性のある後遺症以上の症状が起きる場合もあります。

例えば、「使い捨ての期限が切れても使っている」「レンズを洗浄しない」「寝る時もコンタクトレンズを外さない」ような事をしている方は、注意して下さい。

実は、眼も酸素を必要としています。

なのに、コンタクトレンズで角膜をずっと塞いでいると、酸素が足りず、細胞が死んでしまいます。

白く濁った状態になってしまうんです。

また、長年コンタクトレンズを愛用していて、何十年も経った時に障害が判明する事があります。

自覚症状が無いという事も怖い話です。

視力回復の手術を受けるより、コンタクトレンズの方が安全性が高いと信じて、間違った使い方をしていると、取り返しがつかない事が起こる可能性があるという事を理解しておいて下さい。

信頼出来る医師の所でレーシック手術を受ければ、後遺症の心配も少ないです。

清潔な手術室は勿論ですが、正しい点眼や日常生活をおくる事でも感染症を予防する事が出来ます。

「コンタクトレンズ=安全性が高い」という考えはとても危険です。

コンタクトレンズの正しい使い方や、レーシック手術の正しい知識を身に付ける事が、重要になりますよ(*^_^*)

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 視力を回復させるレーザー治療と安全性 All Rights Reserved.